Noriyuki Gaya bidang

「名言に感銘を受けても、5分後には忘れている」 という名言だけは覚えている私がお伝えする、大枠は大勢に従うが、細かいところで抵抗して"みたい"そんな日々。
Posts I Like

ウィルソン氏は、生贄に選ばれてから山頂での死に赴くまでの準備期間を示すと説明する。約1年の間、コカやチチャを大量に与えられた少女の生活は劇的に変わったことだろう。当時、支配層が管理していたコカやチチャは、誰もが手軽に入手できるわけではなかった。「神に選ばれし女性“アクラス”の1人だったと思われる。思春期の処女から選ばれたアクラスは巫女(みこ)の指示の下、家族から離れた場所で生活する」。こうした慣習は、スペイン人がインカ帝国時代の儀式について書き残した記録の中にも見られる。

 ウィルソン氏らは以前にも、食事内容の変化を調べるためDNA解析や化学分析を行っている。少女は死を迎えるまでの1年間、トウモロコシやリャマ肉といった栄養価の高い食事が与えられ、栄養状態が劇的に改善していた。加えて今回、同時期のコカ摂取量の大幅増加が判明し、特に死の1年前と半年前にその傾向が顕著に表れている。

「少女はそれまでずっと庶民的な生活を送ってきたはずだ。あるいは、もっと貧しい家庭に育ったのかもしれない。しかし生贄に選ばれた後、慣れ親しんできた暮らしと縁を切り、生活は一変した。われわれのデータによっても裏付けられている」とウィルソン氏は語る。

 コカは1年間を通して多量摂取が続いたようだ。対照的にアルコールが著しく増加するのは、死の数週間前になってからである。

「死の6~8週間前に生活が激変した痕跡が見られる。多量のアルコールのためだろう。最後の数週間は、コカやチチャによる更なる変化が認められる。コパコチャの儀式が最高潮に達し、いよいよ生贄として捧げられる時が迫るにつれて、量が意図的に増やされたのではないか」。

 1999年の発見当時、噛まれたコカの葉が口中から見つかっている。死の当日、おそらく少女はコカやアルコールの作用で意識がもうろうとしていたことだろう。場合によっては既に意識を失っていたかもしれない。穴の中でゆったりとしゃがみ込む姿勢や、周囲の副葬品、被っていた羽根付きの頭飾りが整っていた事実と符合する。眠りに落ちた少女は、穏やかに死出の旅路に就いたに違いない。

以前
「会社で爪を切るのはアリかナシか」って話が会議に出た時に
女子社員からの「業務中にパチンパチンうるさいし不潔です!家でやって下さい」って要望に
部長が「だって家だと嫁が同じこと言うんだよ…」って発言も驚いたが
社長の「だから俺はカラオケルームで爪切ってる」発言にも驚いたな。

1800mlph:

Swallowtail butterfly -1 on Flickr.

/ Hama-rikyu Gardens / Hamarikyu-teien, Chuou-ku, Tokyo
// アゲハチョウ -1 / 浜離宮恩賜庭園

4歳児がテレビ欄の「ニュースウォッチ」という文字列を見てワクテカした顔で「これ妖怪ウォッチと関係あるんじゃない…?」といっていたのを見て かつてNHKの「ウルトラアイ」という番組をウルトラマンに関係あるじゃないかとワクテカしながら待機していた自分の姿がフラッシュバックした中年
よくスタバが「高くてまずい」みたいに言われてるけど、あれぐらいが適正価格なんだろうね。友達が社員してるけど休みもちゃんと取れてるし、結婚して関西→関東に変わっても大丈夫だったし、子ども産んで復職してるし...なんてことをすき家のツイート見て思い出してる。
以前読んだ拷問の本に、心理的に一番ダメージの大きい拷問は「可能性や選択肢を与えてから奪う」と書かれていた。刑務所でも脱獄の可能性を垣間見せ「脱獄するぞ」と決断させてから「そんな可能性はない」と知らせると以後大変従順になると。凄い話だけど、仕事だと普通にある光景じゃないかと震えた。

Twitter / tarareba722 (via mug-g)

だとすると始めっから信用せず期待も持たないという処世術は心理的には効果があるということか。

(via yoosee)

(pgtwitterから)

先の新潟の監禁事件でも逮捕後、県警幹部は積極的に「監禁男」の奇行をマスコミにリークした。本人が後から「デタラメだ」と怒るほどガセもあった。なんでこんなに気前がいいのかと首をかしげていたら、少女が9年2カ月ぶりに救出された日、県警本部長が一報を無視して、温泉宿で賭け麻雀をしていることが明らかになった。さらに少女がさらわれた当初、少女わいせつの前科があった犯人が容疑者リストから抜け落ちていたというどでかいミスも。

 ネットのみなさんは「マスゴミがアニメファンを犯罪者予備軍だと印象づける陰謀だ!」と怒ってらっしゃる。広い世の中だ。そういう陰謀もあるのかもしれないが、今回はもっとシンプルではないか。

 「美少女ポスター」報道の裏で、ホッと胸をなで下ろしている連中がいることを忘れてはいけない。

あなた方は多くの人々の胸元に国家転覆を高らかに謳うゲバラの顔写真がプリントされ溢れることを許すのに、一人のおじさんがプリキュアのポスターを部屋に貼ることは断じて許さないのはなぜなのか。

時間というものは一時間あったら50分しか使ってはいけないものだ、とわしは子供の時おそわった。
どんなに根を詰めても10分は休まないとな。
朝の8時から起きて一日を過ごせば、午後8時にはほぼ完全な休息に入らなければ人間は人間でなくなってしまう。
10歳以下の子供なら午後8時はもうベッドに入っている時間である。
眠るためでもあるが、日常とは切り離された時間のなかで、いろいろなことを考えるためです。

日本のひとは時間を隙間なく埋めてしまうのが大好きなようにみえる。
「ぎっちりした時間」が出来上がると、ちょっと嬉しそうだ。
逆に午後4時から午後7時まで「なにもない空白」な時間があると、とても不安になったりしそうである。
この3時間を、どうやってすごせばよいだろう。

ほんとうは、3時間も空いてしまったら、大チャンスなのだから、もしきみが海辺の町で仕事をしているのだったら、ベーカリーによってクリーム・バンを買って、コーヒーのボトルをもって、海辺のベンチに歩いておりていって、ぼんやり海を見ているのが良いのです。
ずっと昔のことを考えて、ああ、あんなことあったなあ、と頭の奥のすみっこで曖昧な輪郭をなしている記憶を呼び起こす。
持っているクルマのサードギアがスムースに入らないのはなぜだろうと思う。
自分にはどんな伴侶が向いているのだろう。
SFって読んだことないけどおもしろいのかな。

文明人の特徴というべきか定義というべきかは、まさにこれであって、文明人で精神が健全なら「3時間」などは、そうやってぼんやりものごとを思い浮かべているだけであっというまに経ってしまう。
そうやって3時間を過ごせないで退屈してしまうひと、というのは、それだけ自分の中の文明が破壊されてしまっているのだと思います。

みてるわよ、あなたがしていること。あのね、神様じゃないわよ。もうひとりのあなたがよ。もうひとりのあなたがあなたをみているのよ。見放されないようにね。嫌われないようにね。

ムーミン「リトルミイ」の名言が、深すぎる・・・ | BuZZNews(バズニュース) 世界の話題をあなたに! (via awd0a11fa)

もうひとりの自分の顔も覚えていないぐらいに,別れて久しい.

(via pgtwitter)

(pgtwitterから)